平成最後の小田急ロマンスカー
連接ロマンスカー最古参のLSEと入れ換えに
入ってきた連接じゃないやつですね。
昨今はホームドアが当たり前になりつつあり
その対応なども理由にあるようです。
また車体色も初めての赤系~です。
IMG_20190627_210251
IMG_20190627_210304

先頭車です。
IMG_20190627_210433

ちょっと見にくいですが
室内灯をとりつけています。
IMG_20190627_210446

先頭部、台車周りは結構腰が低いですね
またロゴ類はきれいに印刷されています。
IMG_20190627_210516

連結部はこのように通常ボギー車です
IMG_20190627_210542

パンタグラフ付中間車です。
IMG_20190627_210548

パンタグラフ無し中間車
IMG_20190627_210630

塗装が難しい車両増えましたが、製品は綺麗な塗装ですね。

TOMIXから先日米原~京都間で360キロ試験走行が成功したN700S(9000番代)が発売され
うちにもきました。
IMG_20190626_210624
基本セット8両と増結セット8両の2セットで
実物通りの16両編成ができあがります。

IMG_20190626_210641
IMG_20190626_210648
IMG_20190626_210653
通常のN700編成は持っていないので
先頭の造形の変化はわかりませんが、カッコいいですね~

IMG_20190626_210704
車体のロゴも通常編成とは異なります。

IMG_20190626_210759
IMG_20190626_210752
最新の新幹線はパンタグラフもこんななんですね~

今回9000番代の試作車が製品化されましたが、量産車が登場すれば、以前の100系の時のように、金型を改修し量産車仕様になり、試作車はまた幻の製品になってしまうのでしょうか?
と、言うわけで購入してみました~笑

昨日の5000系に続きまた千代田線ですが、
近ごろより車庫のある北綾瀬~綾瀬間が
10両編成対応となりましたが、この千代田支線が開通したときに使用されることになった、千代田線6000系の1次試作車のハイフン車が発売されています。
IMG_20190625_165358
IMG_20190625_165417

試作試験車時代はチョッパ制御やのちにはVVVFの試験などもされていましたが、最終的には5000系と同性能の抵抗制御となり、千代田支線開通とともに導入されました。
モデルは末期の冷房化、中間連結部の狭幅化後の状態です。
IMG_20190625_165509
IMG_20190625_165511
IMG_20190625_165521

IMG_20190625_165604

左側はKATOから発売されている6000系量産車初期タイプです
IMG_20190625_165832
IMG_20190625_165804
1次試作車は先頭部の「く」の時の状態が
量産車に比べて立っています。
IMG_20190625_165620
中間部も↑こうなっていて
量産車↓とは異なります。
IMG_20190625_165933

車体すそも
1次試作車は
IMG_20190625_165951
短く

量産車は長いです。
IMG_20190625_165915
2次試作車も出ないかな?

↑このページのトップヘ